So-net無料ブログ作成
検索選択

<夏至観音>神秘の像が今年もお目見え(毎日新聞)

 香川県小豆島町坂手の小豆島八十八カ所霊場一番札所の洞雲山で、6月初旬から7月上旬の夏至を中心にした約50日間、太陽の光によって岩肌に現れる神秘の像「夏至観音」が見られるようになった。

【宇宙の神秘的な光景】ハッブル望遠鏡がとらえた宇宙の神秘

 夏至観音は、洞くつ「仙齢窟(せんれいくつ)」の入り口付近に午後3時ごろ、ひざの辺りから徐々に白く浮かび上がり始め、錫杖を持った高さ約3メートルの観世音菩薩によく似た姿が現れる。光のいたずらによる現象で20年前、お参りに訪れたお遍路さんが偶然撮影したことで分かった。出現するのはわずか5分間程度。

 小豆島に観光で訪れた滋賀県大津市の永味経子さん(67)は「思いがけなく観音様を見ることが出来て感動しました」と話していた。【秋長律子】

【関連ニュース
【幻想的に浮かぶ】レクサスLFAの光り輝く透明オブジェ
【幻想的に浮かぶ】蜃気楼:富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に
【幻想的な風景】「天空の城」 雲海に浮かぶ竹田城跡
【宇宙から】ハーシェル宇宙望遠鏡:巨星の誕生撮った…画像を公開

私はクリーンと枝野氏、でも小沢氏への配慮も(読売新聞)
<荒井戦略相>事務所費問題 支出一覧に政治活動費が交じる(毎日新聞)
菅首相 取材対応も「改革」 新役職新設の可能性も示唆(毎日新聞)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
小林議員の資金管理統括に有罪判決…北教組事件(読売新聞)

<パロマ中毒死事故>元社長ら控訴せず 有罪確定へ(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われ、11日に東京地裁で有罪判決を受けた元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(60)は控訴期限の25日、弁護人を通じ控訴しない意向を明らかにした。それぞれ執行猶予3年が付いた禁固1年6月と1年の判決が確定する。両被告は「裁判所の判断は心外に思っているが、個人的事情により控訴しないことにした」とコメントした。【伊藤直孝】

【関連ニュース
<関連記事>パロマ湯沸かし器の事故で15人が中毒死(06年7月15日)
<関連写真>パロマ中毒事故:元社長らに有罪判決 東京地裁
<関連記事>パロマ湯沸かし器事故:元社長有罪 死は無駄じゃなかった 経緯も
<関連記事>パロマ中毒事故:対象製品所有者らに注意 消費者庁
<関連記事>パロマ湯沸かし器事故:回収対象の製品、HPで注意喚起−−消費者庁

バックで400m逆走、トラックに衝突し死亡(読売新聞)
<強盗傷害>パチンコ店から400万円 従業員けが 福島(毎日新聞)
野口さん2日地球へ ソユーズ着陸 最後の難関(産経新聞)
「泥棒」と追いかけられ? 特急にはねられた男性死亡 (産経新聞)
企業からの収入増大=法人化で短期成果優先―国立大(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。